よく美容の雑誌や書籍には

公開日:  最終更新日:2018/11/08

明治の終わり頃、外国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介した結果、これらを新しく言い表す単語のひとつとして、美容がけわいの替わりに扱われ始めた。
よく美容の雑誌や書籍には、顔が小さくなって肌がきれいになり、ダイエットにも良いし、デトックス作用が期待できる、免疫アップなど、リンパの流れを良くすればあれもこれも大成功!という明るいフレーズが並んでいる。
アトピーという病気は「限定されていない場所」という意味を持つ「アトポス」というギリシャ語に由来して、「何かしらの遺伝的な因子を保有した人だけに発症する即時型アレルギーに基づいた病気」のことを指して名前が付けられたと言われている。
爪の生成される様子は樹木の年輪のように刻まれるという存在であることから、その時の体調が爪に出ることが多く、毛髪と共通するように目で確認できて気付きやすいので健康のバロメーターとも呼ばれているようだ。
押し返してくるのが皮ふの弾力感。これを保持しているのは、美容成分でおなじみのコラーゲン、すなわちたんぱく質なのです。スプリング役のコラーゲンがしっかり皮ふを下支えしていれば、お肌はたるみとは無縁でいられるのです。

本来、お肌のターンオーバー(新陳代謝)は28日周期になっており、日々刻々と新しい細胞が作られ、常時剥がれ落ちています。この「毎日の生まれ変わり」のおかげで皮ふは若々しさをキープしています。
ネイルケアとは爪をより美しい状態にして維持することを目標にしているため、ネイルの状態を調べておく事はネイルケアのスキルの向上にきっと役立ち無駄がないということができる。
皮ふのサンバーンによって濃くなったシミを目立たなくさせようとするよりも、発生しないようにあらかじめ防いだり、肌の奥に潜んでいるシミの卵を遮断することの方が大切だということを知っていますか。
老けて見えるフェイスラインの弛みは老廃物や余分な脂肪が集まることで徐々に促進されます。リンパの循環が鈍化すると様々な老廃物が溜まり、浮腫んだり、脂肪が溜まりやすくなり、たるみの原因になります。
化粧の良いところ:外観がきれいになる。化粧も礼儀のひとつ。実年齢より年上に見せることができる(あくまで24才以下に限る)。人に与える自分自身のイメージを思い通りに変化させることができる。

さらにもうひとつ、お肌のたるみに深く関わっているのが表情筋。これは様々な表情を生む顔に張り巡らされた筋肉のことです。真皮に存在するコラーゲンと同様、表情筋の力も歳をとるにつれて低下してしまいます。
唇の両端、すなわち口角が下がっていると、弛みは格段に目立つようになります。キュキュッと唇の両端を上げて笑顔を見せれば、たるみの防止にもなるし、何より人に与える印象が良くなると思います。
現代社会に暮らすということで、人間の体内には体に悪影響をもたらすケミカルな物質が蓄積され、さらに己の体の中でも細胞を傷つけるフリーラジカルなどが発生していると言われているらしい。
昼間なのに通常さほどむくまないはずの顔や手に浮腫が見られた、十分な睡眠時間を確保しても脹脛のむくみが取れない、といった症状は疾患が潜伏している可能性があるので専門医による迅速な診療が必要になります。
早寝早起きと同時に7日間で2、3回自分が楽しいと感じることを続ければ、心身の健康力は上がるのです。こんなケースもよくありますので、アトピー性皮膚炎の人は皮ふ科専門医を受診して相談してみましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑